FC2ブログ
国民の皆様へ

現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、
歯科医療機関には、緊急性が少なく延期しても大きな問題がない治療、定期健診、訪問診療などの延期の検討をお願いしています。

また治療の延期の際には、対面せず電話などで指導をさせて いただくことがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

一方、治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や全身へ影響を及ぼすことがあります。
歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されます。
義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。


このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、
まずはかかりつけ歯科医にご相談ください。

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥性肺炎や
ウイルス性疾患の予防につながります。毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。

歯科医師、スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません。
更に感染予防策を徹底し、国民の皆様の健康を守るために取り組んでいきます。


公益社団法人 日本歯科医師会

https://www.jda.or.jp/corona/
2020.05.04 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
歯科治療に行くことが安全なのかどうか・・、迷われる方も多いと思います。
早急に対応すべき病状、継続的に管理が必要な状態の方というのは、実際にありますので、直接電話でご相談ください。

通常時から医療安全には十分に配慮し、診療や医療管理を行っておりますが、さらに香川県歯科医師会作成の、
歯科医院から感染を拡げないための8つの提言に基づいて診療を行っております。

1. 標準予防策(スタンダード・プリコーション)の徹底
2. 再診・初診問わず、感染を想定し問診と体温計測を受付で患者に行う
3. 症状がある場合は、歯科治療を延期する
4. すべての処置前後に手洗いとうがいの励行、マスク、ゴーグルの着用、頻回換気必須
5. 職員に症状があれば、自宅待機させる
6. 大規模な集会や食事を伴う会合を極力 主催しない、参加しない・させない
7. 特に高齢者、喫煙者、糖尿病、呼吸器疾患、循環器疾患などの基礎疾患のある患者さんに厳重注意
8. 次亜塩素酸ナトリウムなどによる消毒体制の確立

さらに、受診前に、エアロゾル飛散防止のために、イソジンによるうがいをお願いしています。
また、ホームページの更新情報に記載しております項目に該当される場合は、受診まで時間をあけて頂く事をお願いしています。正しい申告とご協力をよろしくお願いいたします。

所属している岡山大学咬合・義歯補綴科の皆木教授から、教授の同級生の医師の先生が作成された「新型コロナウィルス感染をのりこえるための説明書(続)」、シェアのお許しを頂いているので、紹介します!

https://drive.google.com/file/d/1A9NT2oMThgC5hofVywGsyxqs8MTiWmAu/view
コロナウィルス200414


22ページあり、22ページに、理解し実行すべきことがまとめてあります。しっかり頭に入れて実行したいと思います。
考え方として20ページが大事ですね。


2020.04.29 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
処置により拡大鏡をする、しないがあり、装備をその都度変えるのが大変です。
スタッフが使用している既成のフェイスシールドは、拡大鏡をしないときに使用していますが、拡大鏡使用時は、自家製ものを使います。
感染防止の観点から、取り換え作業はなるべくない方がよろしいので、試行錯誤しています。

前のブログで「ゼロ」の予約表についてふれましたが、その数日前には、ゴーグルが売っていないでの、花粉症用(うちの近所の100均で売ってました)のを使用している、と自称歯科医師の男性が出演していました。ゴーグルを持っていなかった歯科医師の先生がおられた事自体、驚きでした。
歯科助手風の方の診療風景や、後ろに立っていた新入社員?、不自然な診療風景でしたね。。
感染症予防対策的にもよろしくない事がいくつか散見されましたし。。。

何はともあれ、「おうちにいよう週間」が始まりました!
おうちに居れることに対して感謝して、おうちにいようと思います。
部屋の片づけや勉強、抄読会の準備、研究のデータ整理に集中したいと思います。
あと、免疫力を高めなくては、ですので、食材は限られますが、食事にもこだわりたいと思います。
そして時々、香川真司情報のチェックも、です。
1日も早い終息を願います。
2020.04.25 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
前回ご紹介した、奥田先生のファイルも、Facebookで、あいうべ体操の内科医・今井一彰先生が、奥田先生の許可を得られてご紹介されています。
是非ご一読を!!
2020.04.23 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
歯科医院が感染源やクラスターになることが絶対にないよう、情報収集につとめ、スタッフとも情報を共有し、日々、実行しております。

昨日のNHK「あさいち」では、花田信弘先生が、新型肺炎予防と口腔衛生との関連について、わかりやすくお話されたようです。
Facebookでも多くの方が取り上げておられるので、是非ご覧ください。
また、奥田克爾先生の「新型コロナウイルスのパンデミックからオーラルヘルスケアを考える」も素晴らしい内容です。
こちらもおすすめです。なぜ口の健康が大事なのか、正しい知識を得る事ができます。

それに対して、火曜の有働さんの「ゼロ」では、顔を隠したあやしい30代女性自称歯科医師が、子供の落書きのような歯科医院のアポイント表を示しながら、「歯科受診のほとんどは不要不急でない」というのを放送していました。顔が出せないような人のいう事は怪しいと思って間違いないです。
あんな予約表で診療している先生が本当にいるとすると、相当レベルが低い診療しかしていない、と、歯科医ならすぐわかります。歯科関係者でない人が作成したとしか思えません。よく放送したと思いました。呆れてしまいました。

お願いだからマスコミは、真に国民のためになる報道をしてくれ!こんなピンチな状況で裏付けのない内容は絶望的だ、日本のマスコミ。。怪しい歯科医師にひっかからないよう勉強してください、マスコミの皆さま。
2020.04.22 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲