FC2ブログ
日本障害者歯科学会学術大会に参加しましした。
一番印象に残ったのは、特別講演「成人の発達障害と障害者歯科」、と、医療福祉連携委員会シンポジウムです。
特別講演講師は医科の先生で、後者は患者さんのご家族が素晴らしく良く纏められた熱いプレゼンテーションをされました。障害の本質について、また福祉との連携、ネットワーキングについて具体的なお話しで理解を深める事ができました。
望月先生が以前から言われているように、「患者さんの悩みをすくい出し、福祉や他職種の専門家につなぐ」ことが自分の地域でもできるようになると良いのですが。。。

障害者歯科診療も在宅高齢者歯科診療も、
使える制度(福祉や介護)をいかにうまく利用して歯科医療を受けやすくして、口の中の健康を質高く維持するか、という側面と、環境や障害に関わらずいかに質の高い歯科医療を提供するか、という側面、両方に専門性が必要で、そこが難しい所です。

伊藤先生のお話しでもありました、ノット(絆)ワーキング、大事です。
医療福祉連携委員会企画シンポジウム、江草先生の閉会の言葉にあったように、
「障害特性を理解し」「専門性を持ち」「福祉を理解し」ながら「患者さんの気持ちに寄り添う」歯科医療の実践ができるよう、日々より前へ、より上へ、進みたいと思います!
2018.11.18 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
「折り紙建築」を以前女医会のお勉強会で教えてくださった先生K様からとってもかわいい「笑い文字」」のカードをいただきました!
もっともっと頑張らねばー、って思います(*^^*)
笑い文字
2018.11.15 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
テーマは、歯根の治療についてです。
長年臨床をやってきて、研修会、実習会、講演会に参加してきて、成書もそこそこ勉強してきたけど、解決できてなく日々悩んている事がいくつかあります。
そんな自分のツボにピッタリとはまった内容でした。
これから何をどう変えていけばよいか、具体的に見えてきました。

さて、KDSCとは所属している創立52年の勉強会です。
年間、3つのパターンの勉強会を行いますが、その中で1回は、
講師の先生の基調講演 → メンバープレゼン → 講師からさらにコメントを頂き、
状況によっては零時以降も、討論が続く、というのがあり、それが今回のです。

ほぼピッタリ零時の終了でした。
今回中川先生は、2時間半の基調講演に加え、質疑応答に対してさらに1時間以上追加ご講演下さいました。
基礎研究と臨床の接点の解説がわかりやすく、それがあるためになぜそのように使用するのか納得がいき、また症例のタイプごとの解説や器材説明がとても具体的で、非常によく理解できました。
丁寧なご講演、質疑応答をありがとうございました!


20181110中川先生
2018.11.11 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
嬉しいです!!!

歯科衛生士は、月・水・土のパートタイムの方を募集中です!
よろしくお願いします(^^)
20181106.jpg
2018.11.07 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲