FC2ブログ
3連休の方も多いと思いますが、年末年始の休診中トラブルを生じないよう、通常以上に気を配り診療をした一日を無事終えました。
そんなドタバタの中、お友達から素敵なお花が届きました。
心がとげとげになりかかっていたタイミングに・・・ありがとうございます♪
どのように保管・保存するか思案中です。

20161224クリスマスプレゼント花
2016.12.24 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
土曜日、夜景を見ながら2年前の伊勢神宮のメンバーで(^^)楽しく今年の締めくくりをしてきました。
20161217忘年会

こんなおしゃれなノンアルコールスパークリングワインが♪
「これはホームパーティーにあるとおしゃれ!」と早速スマホに撮っていたのは、本人はアルコールの方が好きな〇〇です。
20161217ノンアルコールスパークリングワイン

見た目もかわゆく美味しいお料理に盛り上がった女子会でした。
中でも、カリンのグラニテとロゼワインのジュレ、と2種類のデザートではテンションが一層高くなっておりました(^^)v
20161217メインの前 20151217デザート

大学の大先輩のお友達がされておられるお店で、ひっそりと予約を入れたのですが、色々ご配慮頂きました。
T様、Y先輩ありがとうございますm(_ _)m
これからもよろしくお願い申し上げます。


2016.12.20 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
20161211_1.jpg20161211_2.jpg
豪華講師陣の、今日のプログラムを選んでよかったです!!
でも、基礎編でなく、応用・実践編であったので、作用機序、代謝マップ等は非常に難しかったです。(先生方皆さん、超早口というのも・・)
ω3、脂肪酸バランスの有田先生、ビタミンDの浦島先生。
有田先生は基礎系の研究者、浦島先生は月曜~金曜まで慈恵会医科大学病院で小児科の外来診療されながら、海外のインパクトファクターの高い雑誌に数々の論文がアクセプトされておられる研究者です。
他の講師の先生方も十分に素晴らしい先生方でしたが、特にこのお二人すごい勢いを感じる先生方でした。
浦島先生は、静かに淡々と、研究に至る経緯・背景からお話しされましたが、「研究のヒントを逃さない」ということが重要なようです。
イギリスとの共同研究による複数のメタ解析研究、多数の二重盲検ランダム化プラセボ比較試験の研究結果、東京慈恵会医科大学創始者 髙木兼寛先生の実践された疫学研究への信念と歴史を踏まえ、研究への姿勢も内容もホットな講義でした。

最後のスライド、ちょうど私が最近目にとまっていたことと同じだたので、びっくり。
20161211_3.jpg
〆は坪田教授で
20161211_4.jpg
時間の関係で坪田先生のご専門領域で一番聴きたかった所を聞けずに帰路につきました。

自分自身講演会での講師の先生の紹介、いつもあとで、後悔しきりです。
これからご講演頂く先生の魅力を参加者に、語数少なく、しかし内容の密度高く、自分の思いを伝える事・・・いつも後で一人大反省会。
今日の満尾先生の講師紹介、気持ちがあふれていて、素晴らしかったです。


2016.12.11 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
同じ高松市歯科医師会会員の磯崎裕騎先生をお迎えしての半日の講演会を企画しました。
「普通のGPが知るべき顕微鏡歯科の現在と将来性」
         〜pdマイクロスコープ⼊⾨〜
15304139_714199365404668_335828915326235203_o.jpg
磯崎先生のご尽力により、(株)モリタよりマイクロスコープのデモ機、pd シム(ポータブル実習機)を用意して頂き、デモンストレーションを交えた半日の講演会でした。
手術用顕微鏡使用を前提としたモダンエンドドンティックスと呼ばれる現在の歯内治療が、患者、術者双方が望むであろう歯牙保存の最終段階を大きく改善している実際について、世界の潮流と比較した、長年の保険診療の歪ともいえる日本の歯内療法の現状と併せて、今後、進むべき方向性について、磯崎先生ご自身の症例を供覧、解説頂きました。
歯内療法のクオリティー大事です。
いや、すべてにおいてクオリティー大事。

書籍をまた3冊購入。
義歯・咬合、摂食嚥下リハビリテーション、歯周病に、歯内療法の成書の数が追い付いてきました(^^;



2016.12.11 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲